新生命医学会

現代によみがえる 千島学説|新生命医学会

トップ > 長編小説

長編小説:霧のなかの巨塔

登場人物

著者プロフィール

故千島喜久男医博長男。日本大学法学部卒。 現在、医療問題アナリスト・新生命医学会会長。

博士の没後、千島学説普及のため外科病院長・西浦一彦医博に師事し外科学と内科学の臨床を学ぶ。疾患の原因を探らずただ対症療法に終始する現代医学に治療の限界を知る。誤らない健康再生と予防は千島学説の応用と実践以外にはないとして各地の講座・講演で普及活動をする。

ページのトップへ戻る